引退ブログ 倉岡

4年の倉岡です。
引退ブログを書くことになり、4年間を振り返ると色々なことを思い出しました。

僕がアメフト部に入ろうと思ったのは、大学に入る前、浪人が始まってからでした。高校の頃、サッカー部で満足の行く結果が残せずに引退した僕は、その燻った想いを浪人が始まっても抱えていました。そして高校サッカーと同じくらいのゴリゴリ体育会系な環境にもう一度身を置き、闘いたいという思いの中、色々調べて見つけたのがアメフトというスポーツでした。

そして入学式では、異彩を放つアメフト部員から多くの新入生が距離をおこうとしている中、自分は物欲しそうに新歓のチラシを見つめながら元#29村上さんに近づいていったのを覚えています。

アメフト部に入ってからは悔しいこと嬉しいこと色々ありました。中でも僕はアメフトを通して自分という人間について理解できたと思います。競技や他のチームメイトと向き合い、その中で自分の性格や価値観を知ることができました。このような濃い人間関係で揉まれることで得られた大きな財産だと思います。

また僕はアメフトを4年間してきましたが、正直アメフトに関してCB以外のことは何もわからない人間でした。Powerのアサイメントを4年になるまで書けなかったし、カバーの役割に関してでさえ、CB以外のポジションについては今でも理解が乏しいです。戦術面ではあまり力になれない分、CBだけは誰よりも上手くなろうと意識していました。正直上手くなれたかどうかはわかりませんが、CBへの情熱だけはずっと持ち続けることができました。なので現役のみんなに一言言うなら、立場が上がり、チーム内での責任が増えたとしても、自分自身の選手としての成長を1番に追求して欲しいです。それさえあれば、アメフトはずっと楽しいと思います。

もし新入生の方々がこのブログを読んでラクーンズに興味が湧いたら北グラに足を運んでみてください。大学は色々楽しいことがありますが、アメフト部の4年間は数ある選択肢の中でも最高のものの1つだと思います。
これまで感じたことのないくらいの悔しさや悲しさや情熱、そして喜びを得られると思います。

最後になりましたが、ラクーンズを応援してくださった皆様、4年間ありがとうございました。今年は特にコロナで大変な年でしたが、無事4年目を駆け抜けることができました。来年以降もラクーンズへのご声援のほどよろしくお願い申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

引退ブログ 河合

次の記事

引退ブログ 千鶴