引退ブログ 秋田

こんにちは。2020年度主将を務めました、#40 LBの秋田純吾です。

まず初めに、この1年間我々の活動に関わってくださった方々、応援してくださった方々、
あわせて中四国リーグの開催、運営において尽力して頂いた皆様、本当に有難うございました。
皆様の支えが無ければ、間違いなくこの1年を乗り越えること、そして中四国リーグを優勝することはできませんでした。

今シーズンは新チーム発足当初に思い描いていたものとは何もかもが違いました。
4ヶ月間全体練習ができない、遠征や合宿も全て中止、公式戦が1年間でたった2試合、本当に異例づくしのシーズンでした。
なので、恐らく結果を残せなかったとしても、「こんな苦しい状況の中、1年間よく頑張った」と周りの方、応援してくださる方々は讃えてくださったのだと思います。ただ僕はそれで終わるのが本当に嫌でした。
どんな状況であれ、ラクーンズは常に勝ち、結果を残さなければいけないチームです。
コロナがあろうがなかろうが、そこは絶対に変わりません。
それを今までの先輩方から私たちは学んできました。
なのでこの1年間、特にコロナによる自粛が明けてからは何よりも結果を求めて取り組んできました。
これまで俺たちがやってきたことを証明するには、試合で結果を出すことしかない。逆に結果を出せなければ、このチームはコロナを言い訳に何もやってこなかったのと一緒だと、そこまで言いきって全員で結果にこだわってやってきました。

中四国圧倒を掲げ、結果としては21-0と15-0でした。これを圧倒と捉えるかどうかは自分たち次第ですが、個人的には中四国地区の覇者としての力の差は示せたと思います。
ただ間違いなく言えることは、我々の力はこんなものじゃありません。やってきた練習、トレーニングの質や量を考えればもっとできました。これは他の部員たちも同じ思いだと思います。この悔しさは必ず次の新チームが引き継いでくれますし、来年こそはさらなる圧倒、そしてその先を目指してくれると思います。
それにふさわしいメンバーが新チームには揃っていますので、ぜひ期待してください。

仲間たちへ。

この1年、本当に色んなことが例年とは違ってどうするのが正解なのか分からず、基本的に俺がしたいようにさせてもらいました。
なんでこんなに走り込みやらんといけないのか、なんでこんなにウエイトしないといけないのか、絶対に不満を持ったメンバーもいたはずです。それでも全員最後までついてきてくれました。このチームで主将をやれたことを本当に誇りに思います。信じてついてきてくれた選手たち、人数が少なくて大変な中でも一切弱音を吐かずにずっとサポートしてくれたマネージャー、あれだけ多くの仕事を与えても確実に仕事をしてチームを勝たせてくれたAS、本当にありがとう。そして監督、コーチの方々、お忙しい中練習に来て頂き必死にご指導して頂いて本当にありがとうございました。
この感謝は一生忘れません。

最後にずっと応援してくれた家族へ、感謝の気持ちをここで伝えさせてください。

この4年間、一番迷惑や心配をかけたのは家族だと思います。でも陰で一番応援してくれていたのも間違いなく家族です。
4年間本当に怪我が多く、大事な試合に怪我で出れないこともあり、心が折れて家族に八つ当たりしたこともありました。
でもその度に励ましてくれて、怪我の治癒に良いサプリメントを調べて送ってくれたり、わざわざ怪我回復祈願で有名な神社に行ってそこのお守りを送ってくれたりしてくれましたね。
あの時は素直に言えなかったけど本当に感謝しています。ありがとう。
この4年間で人間として成長できたし、何にも代えがたい最高の経験、そして一生の仲間を得ることができました。
アメフトをやってきて本当に良かったです。
来年から社会人にもなるし、これから少しずつ今までの恩返しをさせてください。

ここまで長々と失礼しました。

次に向かってラクーンズ2021は既にスタートしています。ラクーンズは本当に周りで支えてくださる方々がいるからこそのチームです。この1年を主将として過ごす中で、それを身をもって感じました。
これからも変わらず応援してあげてください。彼らは必ずその期待に応えます。

1年間、ラクーンズ2020を支えていただき、応援して頂き本当にありがとうございました。
今後とも引き続き、ラクーンズへのご支援、ご声援を宜しくお願い致します。

2020年度主将 #40 秋田純吾

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

第2のフットボール人生新着!!

次の記事

引退ブログ 西本新着!!