逆算力

皆様こんにちは。暑い日が続いています。最近、スーパーのレジに並んでいるときに前でファンが付いた作業着タイプのエアコンスーツを着た男の人を見て、このファンを止めたら服の中に空気の層ができて冬は暖かい服に早変わりするんじゃないか___とか考えている#101 AS 鬼岡 亜雄人です。

 練習再開から、1か月半。試合に向けてプレーや体の完成度を高めていく毎日ですが、練習時間の制限や曜日の制限など、まだまだ厳しい状況も続きます。アナライジングスタッフは一年生を一人迎えて新体制で臨んでいますが、まだまだアナライジングの歴史が2年目であるこのチームにとっては試行錯誤の日々です。ところで、ベ○ッセの何年か前のCMで使われた「合格から、逆算。」というキャッチフレーズをご存知でしょうか。Raccoons も試合に向けてこの「逆算力」が非常に重要だと思われます。例年中四国で5試合するところが、今年は2試合のみ。そこにすべてを注ぐには、あと1か月半で試合の中でどうしたくて、そのためにどのようなスモールステップがあって、それに基づいて今日どういう活動をするのか。僕自身はこのことの大切さ、意識づけをすごく周りからさせてもらっています。ですから、良いチーム環境になっているなと感じるのですが、一人ひとりこれを意識すれば、制限された環境でも決してできないものではない、今のチーム目標「中四国圧倒」に対してはそう感じます(もともと「打倒九州」でしたが、今年は中四国の試合のみなので変更となりました)。去年も同じ目標でしたが、中四国制覇を成し遂げたものの、「圧倒」とまではいきませんでした。それだけに今年この目標を達成できれば、次のステップへとしっかり踏み出せると思います。

 今年はCOVID-19の影響により無観客での試合開催となってしまいました。しかし、今年のRaccoons が強いと結果を見ただけで分かるようなほどの試合を、Player・AS・MGR・Coach全員でしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

中四国圧倒

次の記事

残り少ない今シーズン