幸せ

こんにちは!4年#28萩原です。

コロナでの自粛が段々と解除され、少しずつ日常が戻ってきていることを感じます。
もともと出不精な自分には自粛生活はあまり苦しいものではありませんでしたが、やはり誰とも会わない生活はしんどかったようで、人と会い、話をすることに大きな幸せを感じています。

昨年に引き続き今年もコーチをしていただいているA.J.コイコイさんは、練習終わりにいつも、最近あったハッピーな出来事は何か?と聞いてくださいます。自分はコイコイさんに聞かれるまで、こういうことを考えることはありませんでした。しかし、その質問の答えを考え、質問に答える他の部員の嬉しそうな顔を見ることで、厳しい練習の後でも疲れが少し取れるような気がします。

しんどい時にただしんどいと思うのではなく、幸せなことを思い浮かべるのはとても素敵なことだと思います。どんなに小さなことでも構いません。リモートで行っていたミーティングを集まって直接できたこと、研究室に行って勉強ができること、家族に会えること、Jリーグの開幕が決まったこと。自粛が明けつつある今、どんな些細なことでも幸せに感じられます。こういった幸せなことを噛みしめて、部活を再開できるという大きな幸せを、できる限りの準備しながら待ちたいと思います。

話は変わりますが、ここ最近の4年生のブログの完成度はとても高かったですね。偉人やドラマから明言を引用した#91河合と#8檀浦、留学の経験を存分に語ってくれた#66北口、意識の高い入部動機を記した#41倉岡、どれも読んでほしいものばかりです。特に#91河合の文才には要注目です。

いつも広島大学RACCOONSのブログを読んでいただいている皆様、本当にありがとうございます。これからも部員達の個性豊かなブログを読んでいただければ嬉しいです。このブログを読むことが皆様にとって、小さくても幸せなことになっていれば、私達にとっても幸せです。

長文お読みいただきありがとうございました。
最後に最近あったとても小さな幸せを記録した写真でお別れしたいと思います。
原付のメーターが100m単位までゾロ目だったというただそれだけです。

前の記事

成長

次の記事

想像力