最後の部活動

こんにちは、4回生#8の檀浦です。

突然ですが、みなさんは『JIN-仁』というドラマをご存知でしょうか?このドラマは大沢たかおさんが演じる南方仁という医師が、江戸時代にタイムスリップして、人々を苦しめる感染症を治し、江戸の町を救うという感動的なドラマです。このドラマの中にこんなセリフがでてきます。
『神は乗り越えられる試練しか与えない』
コロナウイルス感染もまさに、『神が与えた試練』だと思いませんか?
バランスの良い食事、質の高い睡眠、手洗いうがい・マスク着用による感染対策を徹底してみんなでコロナを乗り越えましょう!

話は変わりますが、現在私は部活動と並行して就職活動もしており、来春からいよいよ社会人になります。そのため、今年が人生最後の部活動になると思います。私は小学4年生から部活動に入り、今までずっとスポーツをやってきました。遂にそれが今年で終わってしまいます。昨年は腰の怪我で1年間試合に出ることができず、非常に悔しい思いをしました。だから今年こそはなんとしても活躍してハッピーエンドを迎えたいと思っています。
今年1年の活動が約13年間続けてきた部活動の集大成として、悔いが残らないように今できることを精一杯頑張ります!

そして、今日も走り込みと軽い練習をしました。2枚目の写真は#34野路くんが芝生で滑って怪我をしたところです。

長くなりましたが、これからも広島大学アメリカンフットボール部をご支援、ご声援の程よろしくお願いいたします。

前の記事

自分に今できること