私の原動力

こんにちは!4年マネージャーの田中です。

私のことを知らない方も多いと思いますので自己紹介をさせていただきます。

大学では生物生産学部に所属しています。

熊本県出身で、中高はずっと吹奏楽でサックスを吹いていました。

そんな私がアメフト部に入部した最大の理由は、アメフト部の方々の人の良さと部の雰囲気です。この部活で、この人たちと一緒ならきっと楽しい充実した大学生活が送れると確信し入部を決めました。

とはいえ体力に自信もなく、アメフトやマネージャーの知識はゼロでしたが、先輩方が一から教えてくださり徐々に知識も増えていきました。

入部してからは部活の時間が本当に楽しくて、同期のマネージャー北原と「毎日部活でもいいくらい楽しいよね!」とよく言い合っていました(笑)

しかしずっと楽しくやってこられたわけではなく、ビデオの仕事を担当していた1年は辞めたいと思ったこともありました。裏の仕事でモチベーションも上がらず、練習や試合が終わると同時にビデオの仕事を考えて憂鬱になることもありました。

しかしある日の練習後に選手の方に、「ビデオの仕事ってどれくらい時間がかかってるの?大変じゃないの?」と声をかけていただき、ビデオの仕事のことを話したところ労いの言葉をかけていただいたことがありました。

正直あの日の会話がなければ、その仕事がきつくて辞めていたかもしれません。

その日から、自分の仕事のやりがいや責任を感じるようになり、モチベーションも維持できるようになりました。

それからも大変なことやどうしていいか分からず悩むこともありましたが、今まで続けてこられたのは同期のマネージャー北原の存在が一番大きいです。

いつも一緒に悩み、時には愚痴を言い、二人で韓国旅行に行った時ですら気づいたら部活の話をしているくらいです(笑)

また北原から学ぶことも多く、本当に大切な同期であり友達でもあります。

私がここまで部活を頑張ってこられた原動力は、チームの中で自分の存在意義を見つけ、同期をはじめ一緒に頑張っていく仲間がいることです。

新入生のみなさんに伝えたいのは、誰にでも必ずチームの中で力を発揮できる場所があるということ、かけがえのない仲間に出会えるということです。

アメフト部に入部したら、きっと充実した大学生活を送れると思います。

興味がある人もそうでない人も、練習が再開したら軽い気持ちで見学に来て、部の雰囲気を感じてほしいなと思います。

このような状況で思うようにいかないこともありますが、悔いの残らないラストシーズンにしたいと思います!

これからも広島大学アメリカンフットボール部を応援よろしくお願いいたします!

本当に長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

まだ気の抜けない状況が続きますが、みんなで一緒に乗り越えていきましょう!

最後にマネージャーの写真でお別れさせていただきます。それでは!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

自分に今できること