主将挨拶

日頃より広島大学ラクーンズを応援してくださり、ありがとうございます。
今年度主将を務めます、#40秋田純吾です。
ここに、私達の今シーズンにかける決意、想いを書かせて頂きます。

昨シーズン、4年ぶりに中四国制覇を果たすことができました。これは間違いなく、今後のラクーンズの躍進の大きな一歩となりました。しかし、ここに満足している部員は1人もいません。
昨シーズンの全国選手権一回戦、中京大学戦での52点差敗北。
中四国と全国との差を身をもって思い知らされました。
この中四国が置かれている現状を私達は必ず変えなければなりません。
そして、その現状を変えるのは絶対に我々ラクーンズでなければなりません。
そのためにも今シーズン、必ず中四国連覇を成し遂げ全国選手権に挑み、ラクーンズ2020がその一歩を踏み出すことをここに約束致します。

その上で、私達は「打倒九州」という目標を掲げました。
九州代表校は今シーズン、中四国リーグを優勝し全日本選手権に進んだ際、一回戦で当たる相手になります。
ラクーンズは九州代表校に2008年以来ずっと勝てていないという状況にあります。
この目標が今の自分達にとってどれほど高い目標なのか、それは部員全員が分かっています。
それでも私達はこの目標を達成しなくてはならない責任がありますし、この1年の取り組み次第で達成できると信じています。
部員一同覚悟を持って取り組み、ラクーンズ2020が必ず歴史を変えてみせます。

またチームスローガンは「Big Up」です。
この言葉は相手への感謝、尊敬を表します。
共に戦う選手、スタッフ、コーチ、対戦相手、審判の方々、連盟の方々、OBの方々、後援会の方々、支えてくれる家族、私たちを応援してくださる全ての方々への感謝の気持ちを持ち続けて、アメフトにおいてもアメフト外においても1年間過ごします。

必ず皆様にいい報告ができますよう、目標達成に向けて部員一同、真摯にフットボールに取り組んでいきます。
今年度も変わらぬご支援、ご声援の程よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

春シーズン真っ只中

次の記事

今後の活動について